お問い合わせ     
   TOP faustballとは  競技方法とルール  日本代表  役員名簿  メンバー募集   


競技方法とルール


 
   
  コートの広さは縦50M×横20Mで芝のコートが
一般的です。
大きさは50Mプールとほぼ同じ大きさです。
インドアの場合は縦40M×横20Mです。

コートの中央にあるストリング
(ネットの代わりのひも状のもの)を
挟んで5人対5人で対戦します。
ストリングの高さは、男子は2M、女子は1.9Mです。



試合は1セット11点の5セットマッチ。 
先に3セットを取ったほうが勝ちになります。
ポイントはラリーポイント制です。

10-10のデュースの場合は、先に2点差をつけた
ほうがそのセットの勝ちになります。
14-14の場合は先に15点を取ったほうが
そのセットの勝ちになります。

世界選手権や国際大会の決勝などは
1セット11点の7セットマッチ。4セット先取に
なります。




試合はストリングから3M離れたところにある
サービスラインからのサーブで始まりまり、
3回以内で相手コートに
ボールを返します。返せないときは、相手のポイントとなります。 
ボールを扱えるのは片手のみで
アタックを打つ時は「拳」のみしか使えません。
ここにファウストボールの名前の由来があります。 
3回以内でボールを返す時に、ボールを
それぞれワンバウンドさせることができます。

サーブ権はポイントを取られた側になります。


 
   
   
 
 
 
     
   下の動画をご覧ください。  
 
     




inserted by FC2 system